11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み

8月に入り、息子が1人で北海道に帰省することになりました。

それもなんと2週間。
生まれてから、そんなに長い期間離れたことがなかったので、不安や寂しさもあったけど、私も7年ぶりの独身生活を満喫することにしました。

飛行機はANAの、ジュニアパイロットに登録したので、搭乗口までは一緒について行けるし、降りてからも到着ロビーまでは係りの方がサポートしてくれます。

約4時間のフライト。
大人でも退屈なのに、大丈夫かな~と心配ではありましたが、なんくるないさ~と見送りました。
IMG_20170904_213538_120.jpg

当の本人は後ろを1度も振り替えることもなく、スタスタと飛行機に乗り込んでいきました。
(母はとても寂しかったぞ😢)

しかし、その数時間後からどんどん届く息子の写真。
実家の家族の喜ぶ姿に、私も安心しました。
IMG_20170904_213728_958.jpg

おーおー、美味しそうなもの食べてますね!

というわけで、私の夏休みもスタート。
念願の昼から立呑屋はしご酒やってきました。
IMG_20170904_213817_687.jpg

いやー、5軒もはしごしちゃって大満足ですよ。
できることなら、この機会に毎日でも飲みたかったのですが、それだけじゃなくいろいろお一人様タイムを充実させたいと思い、掃除、お料理、勉強、資格取得、買い物などなどあっという間に2週間が過ぎていきました。

IMG_20170904_213901_159.jpg
息子のお弁当より、手間をかけた私のお弁当。

そんなわけで、2週間ぶりに再会した息子は、一回りもふた回りも大きくなって男になって帰ってきました。
そして、私もリフレッシュできたおかげで、より一層息子が愛しく、たくさん優しくしてあげたいと思いました。
次は冬休みだね。
スポンサーサイト

息子のお弁当 5歳~6歳編

去年通っていた保育園は、月に1回お弁当日がありました。
キャラ弁を卒業した私に対し、キャラ弁をリクエストするようになった息子。
そして、仕方なく頑張った私の作品がこちら。

IMG_20170604_202235_628.jpg

IMG_20170604_202523_357.jpg

そして、地元の新聞にも取り上げられたお弁当がこちら。

IMG_20170604_202445_670.jpg

そして、どんどんエスカレートしてやりすぎたのがこちら。
IMG_20170604_202611_264.jpg

そして、疲れ果てたのです。
お母さん、頑張りすぎました。

今年からは幼稚園。
給食いえーい!!
のはずが...
4月、土曜日、遠足、夏休み、秋休み、冬休みと、お弁当のオンパレード!!

毎朝5時起きの生活が始まりました。
もうキャラ弁は無理です。
っていうか、冷凍食品様様です。
玉子焼きを焼くだけ。
(これは昔からか...)
ミニトマト、ブロッコリー、冷凍食品、はいOK !
10分かかりません。

IMG_20170604_201514_477.jpg

これを、Twitterにアップしたらすごい良い反応で、共感してくれる人が多く安心しました。
いいんですよ、これで。
IMG_3566.jpg

お弁当箱変えても中身は同じです。
息子は冷凍食品が大好きですよ。

来週から夏休み、たくさん冷凍食品買っておこうと思います。

今のアパートに引っ越してきたときのことです。

部屋探しの条件は、ペット可、駐車場付き、1階。
欲をいえば、ベランダが広くてちびっこプールが置けるといいなと思っていたら、なんということでしょう。
約半年、探して探して、買いそうになったり、リノベーションしそうになったり、やめたり、白紙に戻されたりして、すっかり心が折れてしまったところに転がり込んできたのが今のアパート。
なんと庭付き!

やったー!と、さっそくホームセンターさくもとで買って来ました、ちびっこプール。

IMG_20170413_134424_102.jpg

田舎なので、ご近所さんの視線も気にせず全裸で水遊びを楽しめます。

ところが、梅雨明けのある日。
プランターのバジルにカタツムリを発見。

IMG_20170402_212142_766.jpg

かわいいと思ったのは最初だけ。
気づけば数えきれないほどのカタツムリが…

そして、ついにアイツが現れたのです。

IMG_20170402_211913_450.jpg

子供の握り拳より大きいアフリカマイマイです。

さすがにこれは寄生虫もいるっていうし、手も出せません。

というわけで、この日から庭どころかベランダに出るのもイヤになり、洗濯物を干すのも渋々ビビりながら。
そうこうしてるうちに雑草が伸びに伸び、森になってしまい、友達からも心配されるようになりました。

このままじゃ、アフリカマイマイどころかハブがでるよ!と脅されやっと草刈りする決心をしました。

もちろん私がするわけないので、そこはプロにおまかせなんですが。
母子家庭のピンチを救ってくれるのは、白馬に乗った王子様ではなくベンリーさんですよ。
1時間3000円のベンリーさんです。

IMG_20170413_134443_730.jpg

マイヘルメットで現場を見守る息子。

を、部屋の中から見守る私。

ようやくきれいになったので、今年は虫除けパウダーやスプレーを乱用し、やがてくる梅雨を乗りきっていつかはガーデニングを楽しめるきれいなお庭を作りたいです。

朧月 

今から遡ること9年前。

沖縄に移住したての頃、初めてユタとお話ししたときのことです。
詳しい内容はほとんど忘れましたが、沖縄にきて良かったねと。
「砂漠の渇れた土地でもサボテンに花を咲かせることができる」という比喩で、いろいろ歓迎の言葉をかけてくれました。

なんせ9年も前のことなのでザックリした記憶しかないのですが。

それから9年。

なんと、うちのベランダでサボテンに蕾がついているのを発見しました。
(正確にはサボテンではない…多肉植物っていうのかな)

IMG_20170402_211318_852.jpg

ちょうど1年前にもらってきて、ほとんど放置プレイだったのですが、それが良かったようです。
急に愛着が湧いて、名前を調べると 朧月というそうです。
(正式名称は忘れました。)

源氏物語中で、私の好きな登場人物も朧月夜の君。
(この話しはまた別の機会に)

そして、毎日観察していたら無事にかわいい花が咲きました。
IMG_20170402_211114_911.jpg

っていうか!
うしろの庭がヤバいことになってました!
森です、森!!

ハブが出そうです。

卒園式

1才から保育園にお世話になっている息子。
小学校入学前の6才のまでお世話になるつもりでしたが、沖縄ルールはそうではありません。

公立の小学校にそれぞれ幼稚園が併設されていて、校長先生が園長先生なんです。
なので、小学校に7年間通うことになります。

というわけで、保育園を卒園することになりました。

卒園式ファッションに悩んでるうちにあっという間に卒園式当日です。

沖縄の卒園式はかなりカジュアルで、ジーンズでもOK っていわれてすごく気軽に参加したのですが、もうね、卒園生入場から号泣ですよ。

10名(実際は1人病欠のため9名)しかいないのに。

卒業証書授与で、園長先生もボロボロ泣きながら渡します。

その後も歌ったり、手話だったり、お別れの言葉だったり、知らないうちに息子は立派に成長していました。

先生方、本当にありがとうございました。

そして、式もそろそろ終わりかなーというときに、それぞれのお父さん、お母さんも1人ずつ前に呼ばれて、子供から感謝の言葉のサプライズです。

うちの息子は「お母さん、いつも僕を育ててくれてありがとう。またホテルに遊びに行こうね。」
といって、会場の笑いを誘ったあとに私に飛び付いて
「大好き!」
ですってよー。
ジャンピング大好きですよ。

大きな拍手をもらって、本人はご満悦。
私もとっても嬉しかったけど、でもお母さんの腰はガラスできてますからね。

息子のジャンピング大好きを、いつまでも受け止められるようまだまだ頑張らなくてはいけないのね。

卒園おめでとう。
IMG_20170330_180122_104.jpg

プロフィール

さおりマン

Author:さおりマン
アラフォー、ワーキングマザーのひとりごとです。

いらっしゃ~い

最新記事

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。